G7広島サミット開催支援で1億4千万円(第5回定例会)

 6月7日から17日にかけて開かれた第5回市議会定例会で24億3,057万円の補正予算を決めました。G7広島サミットの開催決定を受けて1億4,000万円を予算化。開催支援と併せてサミット参加者に被爆の実相を伝えるとともに、広島の魅力を国内外に発信するための取組を行います。

 その他、新型コロナウイルス対策として22億9057万円を予算化しました。低所得の子育て世帯への生活支援特別給付金の支給などを行います。

 若林新三議員は厚生委員会で原爆被爆者援護事業団の運営状況について取り上げました。同事業団は被爆者の一般養護ホームや特別養護ホームなどを運営しています。被爆者の高齢化が進むことから今後の組織の在り方について質しました。

厚生委員会で原爆被爆者事業団の運営について取り上げる若林新三議員