地域のうごき

2018年度安佐北区の主要事業(普通建設事業)

2018年2月27日 火曜日

【市民局】
区民文化センター整備⇒2,630万円(エレベーター改修)
岡田運動広場整備⇒3億9,200万円
集会所整備⇒1,691万円(耐震補強工事実施設計(可部南など7か所))
区図書館整備⇒680万円(エレベータ改修)
公民館整備⇒5,070万円(福祉環境整備、耐震補強工事実施設計(白木、亀山))
史跡中小田古墳群整備⇒5,000万円(防災工事)

【健康福祉局】
民間老人福祉施設整備補助⇒440万円(借入金償還補助)
民間障害者(児)福祉施設整備補助⇒104万円(借入金償還補助)
安佐市民病院運営負担金⇒2億6,433万円

【子ども未来局】
保育園整備⇒3億5,529万円(耐震補強工事(可部東、大林、城など9園))
民間保育園等整備補助⇒1億5,231万円(かつぎ認定こども園新設8531万円他)
私立幼稚園耐震化整備費補助⇒2,728万円(あさひが丘幼稚園他)
民間児童福祉施設整備補助⇒161万円(借入金償還補助)
北部療育センター整備⇒4億5,000万円(作業療法室等整備)

【環境局】
大気汚染監視設備整備⇒35万円(可部小学校環境大気測定局)
玖谷埋立地整備⇒3億357万円

【経済観光局】
ひろしま活力農業経営者育成補助⇒1,700万円(ビニールハウス等)
農業の担い手確保対策補助⇒600万円(ビニールハウス等)
農林業基盤整備⇒4億234万円(農道・水路等3億1,934万円、林道8,300万円)
民有林整備⇒7681万円(里山林再整備、土砂流出防止林整備他)
市行造林・育林事業⇒791万円
いのしし捕獲柵等補助⇒213万円(防護柵その他63基)
小規模崩壊地復旧事業⇒1億2,846万円(13か所)
農業振興センター整備⇒2,580万円(安佐分場橋りょう改修他)

【都市整備局】(復興関連事業)
農林業基盤整備⇒1億2,160万円(治山ダム雨水排水施設)
街路整備⇒6億5,200万円(可部大毛寺線4,200万円、高陽可部線6億1,000万円)

高陽可部線の整備のため根の谷川に架橋する工事が行われています

道路整備⇒4億3,290万円(市道の拡幅他)
普通河川改良⇒6億5,930万円(砂防ダム雨水排水施設他)
公園緑地等整備⇒8,170万円(三入南二丁目公園他)
安佐動物園整備⇒6,940万円(マルミミゾウ舎整備他)

【道路交通局】
道路整備⇒21億6,886万円(安佐市民病院アクセス道路、広島豊平線、宇津可部線他)
交通安全施設整備⇒1億5,608万円(道路交通安全施設1億3,618万円他)
橋りょう整備⇒700万円(柏木橋)
バリアフリー化設備整備補助⇒1億5,596万円(JR下深川駅、安芸矢口駅)

【消防局】
消防施設整備⇒1億3,252万円(深川分団車庫4,920万円、鈴張分団車庫4,710万円他)
防災センター整備⇒1,340万円(エレベーター改修)

【教育委員会】
小学校整備⇒2億691万円(トイレ洋式化16校他)
中学校整備⇒5,596万円(一般整備他)
幼稚園整備⇒350万円(一般整備)

【下水道局】
公共下水道整備⇒9億5,320万円(管きょ布設7億4,020万円、小田ポンプ場2億1,300万円)
排水設備整備⇒5510万円(下水道一般整備)
諸設備新設改良⇒1,006万円(井原処理場など3か所)
市街化区域外汚水処理施設整備⇒4億3,982万円(特定環境保全下水道4億1,800万円他)
急傾斜地崩壊防止対策⇒8,500万円(3地区)
普通河川改良⇒1億3,500万円(一般整備)

【水道局】
配水施設整備⇒8億9,089万円(高陽高地区ポンプ場など22か所3億5,380万円、配水管布設5億3,708万円)
諸設備新設改良⇒300万円(高陽水道メーター管理所)

*1万円未満切り捨て

「薬物乱用防止」などで青少年ふれあいコンサート

2017年10月2日 月曜日

 薬物乱用防止などを訴えて10月1日に安佐北区民文化センターで「青少年ふれあいコンサート」が開かれました。出演団体などがそれぞれ「薬物乱用防止」や「自転車盗防止」、「万引き防止」、「携帯・ネット被害防止」などを訴えました。

 安佐北警察署や少年補導協助員協議会、防犯組合、青少協などが実施したもの。出演したのは三入中学校吹奏楽部、特別支援学校音楽部、ダンススタジオ「МОRE FUNK」、三入和太鼓クラブ「ジュニア」、日本舞踊親子教室、文教女子大学付属高校和太鼓部などで、それぞれ薬物乱用防止や万引き防止のメッセージを披露して犯罪防止を呼びかけました。

 また、このコンサートは安佐北区内の中学校の生徒会などがボランティアで参加しました。ボランティアで協力したのは口田中学校、三入中学校、清和中学校、高陽中学校、可部中学校、亀山中学校、亀崎中学校、広島中等教育学校など。

素晴らしい演奏を披露した三入中吹奏楽部。

三入和太鼓クラブ「ジュニア」のみなさん

文教女子大学付属高校和太鼓部のみなさん

МОRE FUNKのみなさん

 

三入東学区の子どもたちが「平和の灯」をリレー

2017年7月31日 月曜日

 三入東学区子ども会のメンバー34人が7月29日、平和公園にある「平和の灯」をトーチに採火して桐陽台近隣公園までの31区間、25㎞をリレーで持ち帰りました。今年で10回目の取り組みとなります。平和の灯は地域の夏祭り「納涼祭」のかがり火として利用します。

 最初に、平和祈念資料館の諏訪副館長から広島市の平和の取り組みについて説明を受けた後、資料館を見学して平和の大切さについて学びました。続いて慰霊碑に献花し、リレーがスタート。暑い日となりましたが、元気に完走しました。 

 走ったのは三入東小学校の4年生から6年生まで。出発式ではメンバーを代表して6年生の岸本さんが「平和の誓い」を慰霊碑に捧げました。

最初に平和祈念資料館の副館長さんから広島市の平和の取り組みについて説明を受けました。

平和の灯をトーチに採火。採火したのは6年生の河野君。

元気に31区間、25㎞を走り継ぎました。

可部東2丁目にラウンドアバウト(環状交差点)を新設予定

2017年6月27日 火曜日

 3年前の豪雨災害の復旧、復興にむけて都市計画道路・可部大毛寺線と高陽可部線の整備が急ピッチで進められ、2019年度には可部東2丁目で二つの道路が接続される見通しになっています。

 この接続される交差点は、従来の信号機のある十字型の交差点ではなく、ヨーロッパなどで普及が進んでいるラウンドアバウト(環状交差点)として整備されることになりました。2014年に道路交通法が一部改正され、導入できることになり、東日本大震災で大きな被害のあった仙台市などで設置されています。

 ラウンドアバウト(環状交差点)は信号機がなく、中央のロータリー部分を左に侵入して右回りに進み、自分の進みたい道路に左方向で出る交差点になります。信号がないため、スピードを緩めながら交差点に進入できることになります。事故の防止に効果があるとされており、国や警察も推奨しています。 

 このラウンドアバウト(環状交差点)は、広島県内で初めての設置となる見通しです。

広島県内でははじめて可部東2丁目にラウンドアバウトが設置される見通しとなりました。

可部・亀山地域で乗合タクシーの実験運行(5月15日から)

2017年4月21日 金曜日

 安佐北区可部、亀山地域の緑ヶ丘、温泉が丘、船山の各団地と可部中心部の区役所やスーパー、JR駅などを循環する乗合タクシー(定員10人のジャンボタクシー)を5月15日から1年間、実験運行(1日5便)することになりました(下部に運行ルートと運行ダイヤ)。

 実施主体は地元で組織された「福王寺不動坂らくらくタクシー活性化協議会」で、運行事業者は「有限会社カオル交通」。祝日を除く月曜日~金曜日に運行されます。

 実験運行では団地内と可部中心部のスーパーや区役所、内科、大型電気店、JR河戸帆待川駅など48分で循環(大循環ルート・8.1㎞)することにしています。なお第2便以降は買い物などで乗合タクシー利用した乗客を団地内に送るために小循環ルート(3.9㎞・18分)も連続し運行します。停留所は27か所。

 ルートのスタートは亀山5丁目のアルゾ前。船山、温泉が丘、緑ヶ丘の各団地を経由して可部中心部に入ります。第1便は8時30分発、第2便は10時発、第3便11時30分発、第4便14時30分発、第5便16時発。 

 運賃は大人(中学生以上)が300円、小学生が100円、保護者同伴の小学生未満は無料となります。

5月15日から実験運行が行われる乗合タクシーのルートどダイヤ

運行に使用される車両